So-net無料ブログ作成

『高速道路料金値下げ』の一方で、値下げした分を税金で5千億円もホテンしちゃおう!という第二次補正予算案。これってなんかサギっぽい…と思うのは私だけ?

与党が高速道路料金の値下げを提言している。(ニュースの詳細は下記にコピー)
土日は車種によっては上限を千円に、
平日はETC搭載者に限り3割引になるという。

そのハナシだけなら、
あ゛ー、ようやく政府も ちょっとは国民の負担軽減を考えているんだなぁ…、と
思ったかもしれない。

が。しかし!。

自民党の伏兵、松浪議員が造反した、悪評いちじるしい
定額給付金2兆円を盛り込んだ「第二次補正予算案」。の、中の一つに

『高速道路料金』値下げ分、ホテンのための予算。約5000億円

と、いう項目がある。

え゛ー。

これって…。
高速道路を値下げした分だけ、国民の税金でホテンするってこと?。

それはつまり…。高速道路で安くした分、
税金からトルヨってこと…だよねぇ?。たぶん。

ドコに、そのホテン分のお金(約5000億円)が流れていって
いったい何のために 税金を使ったホテンが必要なのか
全然わからないけれど、どちらにしても。

高速道路で払わなくて済んだ分だけ(もしかしたら それ以上に!)
税金として支払っている、ということになるような気がする。

さらに言えば。税金の再配分だから、
高速道路を使わないヒトの税金までも
ドサクサにまぎれて、高速道路関係に流されていく、ということだろう。

それって…。なんだかメチャメチャ納得いかない。

それにしても。政府って。
オモテでは国民の負担軽減のため…みたいな政策案を提示しておいて
ちゃっかり税金でホテンしちゃおう、というのだから
コソクというか、ヒドイというか、国民その1の私としては
きっと気がつかないところで いっぱいいっぱいダマサレテルような気が
すんごぉぉぉぉぉく、するのだけれども。

   ♪カンカンカンカン不信感♪  by 日本語であそぼ


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+  《 第二次補正予算案 概要》
+ 定額給付金 2兆円 (事務費 800億円を含む)
+ 雇用対策 約1600億円
+ 中小企業支援 約5000億円(貸付・信用保障の拡大)
+ 高速道路料金 約5000億円(土日は半額か、車種によっては
+ 上限千円・ETC搭載なら平日も三割引き)
+ 出産子育て支援 約2450億円(妊婦健診の無料化・
+ 子育て支援:第二子以降は一年に3万6千円を支給)
+ 介護事業対策 約1491億円
+ 防災強化対策 約786億円(学校の耐震化など)
+ 科学技術 約150億円
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*****************************************************************************************
<高速道料金>休日の地方1000円、首都・阪神500円に
1月16日12時21分配信 毎日新聞


 高速道路各社は16日、国の第2次補正予算案に盛り込まれた高速道路料金引き下げの具体案を発表した。普通車以下を対象に、休日(土日祝日)に地方で距離にかかわらず料金を1000円とするのをはじめ、首都高速道路、阪神高速道路は休日に700円区間を500円に引き下げる(首都高の土曜は除く)。期間は10年度までで、国民から意見募集したうえ、第2次補正予算成立後に実施する。

 当初1500円とすることを検討していた本州四国連絡高速道路の料金も、地元の要望を受け1000円に引き下げる。東京湾アクアラインも1000円。このほか、平日も地方で全車種を対象に割引率を3割以上にする。

 料金引き下げの対象はすべて自動料金収受システム(ETC)の搭載車。国土交通省所管の財団法人がETCを普及させるため、購入者に助成を行う。【位川一郎】



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

RYO

賛否両論だと思いますが・・・

景気刺激対策としてはいいのではないかと思います。
これを機会にお金ガンガン使ってもらって(地方などにお金落としてもらって)結局はお金が動くともちろん税金も発生しますから・・・。

景気対策なんて結局はにたようなもの(得する人と得しない人がいる)ですから、まだほかの対策から比べるとマシだと思っています。
by RYO (2009-03-28 22:29) 

らだ

RYOさん こんばんは。 ご訪問とコメントありがとうございます。

高速道路の1000円乗り放題は、
私も景気刺激対策として いい策だなぁ、と思いますし、大賛成です。
予想以上に景気刺激になりそうなので
わざわざETCに限定しなければ、もっと多くの人が移動して
もっと景気対策になるのは目に見えているのに、
政府や与党は、それをしようとしません。それはつまり、
地方などの「景気対策」よりも、ETCを購入させることにより
天下り先に入るお金をカクホすることを優先させている結果だと、
私は思います。

私が反感を持っているのは、「高速道路の割引き」を声高にウタウ一方で
「景気対策のために高速道路を安くするから」という大義名分で
それによって損失が出るか出ないかもハッキリしないうちから
予算案に「高速道路割引き分のホテンとして5000億」もの予算が
組まれ、実際、予想以上の経済効果が出ているにもかかわらず
この5000億円はウンもスンもなく、天下り先である高速道路会社に
払われる、という事実に対してです。
この5000億円は税金ですから、高速を使わない人でも、なぜか
民営化されたハズの高速道路会社にお金を払っていることになります。

高速道路が薄利多売でこんなに潤ったのなら、5000億の予算を
母子加算や生活保護、赤字病院のホテンなど、
本当に困っている人のために使ってもいいのではないか、と思うのです。

政府の景気対策の結果、得する人、得しない人が自然発生してしまうのは
ある意味「金は天下のマワリモノ」論理で、仕方のないところがあると
思います。
でも、世論として、これだけ天下りや渡りが問題になり、
アメリカの金融危機のあおりで困窮する国民が増え続けている一方で
年間12兆円もの税金が、天下り先などの独立行政法人などに
流され続けていて、その上、まださらに、国民の生活支援対策、
景気対策と称して(利用して)、ちゃっかり天下り先が一番に潤うような
法案を与党が出していることに、シックリいかない思いがあるのですが。

by らだ (2009-03-29 00:51) 

日教組の政党・民主党の愚策

高速道路を無料にするには、毎年約3兆円の税金がいるとされている。
高速道路を利用する人は、利用しない人に比べて数が少ない。少なくとも、私の町内会では高速道路を利用する人は全くいない。
高速道路を利用しない大多数の人の税金を、利用する少数者に貢ぐのは決して許せない。
あくまで、利用者負担、受益者負担でお願いしたい。
高速道路の無料化をマニフェストに入れいている社会主義政党の民主党を消滅させなければ、税負担が増えるのは間違いない。
by 日教組の政党・民主党の愚策 (2009-07-16 09:36) 

らだ

日教組の政党・民主党の愚策さん こんばんは
ご訪問とコメントをありがとうございます。

 >高速道路を利用しない大多数の人の税金を、
 >利用する少数者に貢ぐのは決して許せない。
 >あくまで、利用者負担、受益者負担でお願いしたい。

与党も今回の高速道路1000円政策で、税金から5000億円を
補填分として、高速道路会社に払ったようですから、
高速道路を無料化しようとすれば、結果的にどうしても税金から補填する
ことになるのでしょうか。それとも、他に財源を考えているのでしょうか。
 民主党の財源については、実際に政権をとった後に、与党としての
調査権を得て、実際のところムダや埋蔵金がどれだけあるのかを
きちんと把握してみないと、何とも言えないでしょうね。

それはそれとして、私としては、今回、自民党が高速道路1000円政策を
行ったことで、高速道路を無料にした場合に起こる弊害や問題点が
ある程度、明らかになったと思っています。
民主党の議員が、その問題点に気づいて、無料化する前に、
上手い対策をきちんと立てられればいいのですが、どうでしょうか。
浮き足だって功をあせれば、深刻な問題が起きそうな気もします。
by らだ (2009-07-17 00:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。